山形県酒田市

鳥海山 周辺の観光情報

山形県と秋田県の県境に位置し、古くから山麓周辺の人々から守り神として崇められてきた山、鳥海山。日本海に面している独立峰で、山容が富士山に似ていることから「出羽富士」とも呼ばれています。200種類を超える高山植物の宝庫であり、クマタカやイヌワシといった猛禽類が生息するなど、貴重な自然を有しています。山形県酒田市は鳥海山の麓、日本海沿いの港町。江戸時代には北海道から特産物などを運ぶ北前船の寄港地として栄えた歴史があり、今でも日本海で獲れる豊富な海の幸を味わうことができます。


鳥海山の登山エッセイはこちらから

東北の名峰、鳥海山の山麓スノーハイク! 観光とグルメも満喫の酒田旅

山形と秋田の県境にそびえる東北の名峰、標高2,236mの鳥海山(ちょうかいさん)。
出羽富士とも呼ばれ、日本海まで裾野を広げます。山形側の麓には、華やかな文化の薫りが残る湊町、酒田があります。
今回旅をするのは、山好きのコミュニティactibaseを運営し、インスタ、Youtubeで山の魅力を発信している千野美樹さん(@yama_to_miki)。4年前、ひょんなきっかけで山に恋してしまい、これまでに百名山のうち92座も登ってしまったツワモノです。
鳥海山には2年前に登ったことがあるそうですが、冬に訪れるのは初めての美樹さん。今回は、冬山だけでなく、せっかく酒田まで来たのだから麓の観光もしっかり楽しんじゃおうと2泊3日の山旅を計画しました。

観光スポットのジャンルから探す