和歌山県田辺市

熊野古道中辺路・奇絶峡・高尾山 周辺の観光情報

紀伊半島南部に伸びる「熊野古道」は、古の昔より数多くの人々が、熊野三山(熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社)を目指して歩いた巡礼の道。中でも和歌山県田辺市から熊野三山を巡る「中辺路」は、平安以降、上皇・貴族も歩いたとされる由緒ある古道です。神秘的な森や、歴史ある寺社仏閣など、その魅力は国内外を問わず多くの人々に愛されてきました。2004年には「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界文化遺産にも登録されています。


熊野古道中辺路・奇絶峡・高尾山の旅のエッセイはこちらから

和歌山県熊野古道|古道歩きと収穫体験、E-BIKEを楽しむワーケーションのススメ

熊野古道の中でも特に多くの人が歩いたと伝わる「中辺路(なかへち)」。和歌山県田辺市はその玄関口として、多くの旅行者で賑わう歴史と自然豊かな街です。古道歩きはもとより、太平洋から水揚げされる新鮮な海の幸、そして豊かな山の幸、絶景スポット、みかんや梅などの農作物。その魅力は数え上げればキリがありません。今回は、そんな魅力あふれる街で繰り広げられたアウトドア×ワーケーションツアーの様子をお伝えします。

観光スポットのジャンルから探す